Silence of Time

c0146595_102752.jpg


仕事を終えてから車で数十分。

海に来た。

c0146595_112247.jpg


特に目的があった訳でなく、

ただ新しいレンズを試すのと、

あとは少し、

静寂の時間が欲しかった。

c0146595_125595.jpg


そんな気持ちだったので、抑揚のない、規則に支配された殺風景を見た。

c0146595_1555100.jpg


そこに束縛される自分と、それを客観的に見る自分。

悲しいくらい、不完全な存在。
[PR]

# by despair1999 | 2008-03-08 01:11  

優しい嘘

c0146595_05420100.jpg



c0146595_0553169.jpg



風を絡めて、まわる かざぐるま。

風を彩るように。


c0146595_057256.jpg



喜びも悲しみも、みんな。

風に乗って、遠くへ。
[PR]

# by despair1999 | 2008-03-04 01:01  

Industar50-2で撮る京都 その2

c0146595_22535747.jpg


2日目は嵐山です。

c0146595_22581135.jpg


寒くても日が射して暖かくなってくるかな…
と思ったら

c0146595_22593187.jpg


時折前が見えなくなるような吹雪に襲われました。

c0146595_2325240.jpg


嵯峨野にあるトロッコ列車の駅に向かう道中に、立派な竹林がありました。

c0146595_2341974.jpg


そこでお客を待つ人力車の列。

吹雪とタイトなスケジュールのせいであまりゆっくりと楽しめなかったのですが、
雪の京都という貴重な経験ができたので満足でした。
そしてこのロシアからやって来た滑稽なレンズも、期待をいい方向に裏切る味わいを見せてくれました。

おまけ

c0146595_235444.jpg


このお店…細っ。
[PR]

# by despair1999 | 2008-02-28 23:09  

Industar50-2で撮る京都

c0146595_0555150.jpg


珍しく京都に旅行したら、
京都では珍しいくらいの大雪でした。

ちなみにここは保津川の上流付近です。

c0146595_055057.jpg


この旅行のためにと調子に乗って
Industar50-2というロシア製中古レンズを入手しましたが…
これが京都かと思わずにいられないほど雪に埋もれて
その本領を発揮する機会に恵まれませんでした。

c0146595_0585050.jpg


それでも、少なからず彩りのある場面は
淡い色調で優しく捉えてくれました。

次回は旅行2日目、嵐山で撮った写真を載せてみようと思います。
[PR]

# by despair1999 | 2008-02-26 01:15  

眠れない夜

c0146595_23323647.jpg


繋がりが途切れて一人になったと思った夜。

空を見上げたら

どうも僕は一人ではないらしい。

同じ空の下にいる

こころの友人たちに、言葉にならない感謝の気持ち。

いつまでも。
[PR]

# by despair1999 | 2008-02-22 23:38